<ソラナリスト募集中!>

そらなりを応援してくださる「ソラナリスト」さん募集中です。
登録していただいた方に、演奏情報など送らせて頂きます!

登録方法
○そらなりメールに「ソラナリスト登録」と記入して送信!
そらなりメール→soranari2016@gmail.com
        

<古酒の会メンバー募集中!>

非常に希少価値の高い1982年製造の泡盛古酒を楽しむ会。

泡盛は泡盛館
料理はキンザーハウス
音楽はそらなり-SORANARI-
それぞれがプロデュース!

毎月第1火曜日
19:30〜
入会1年後には1982年製造泡盛古酒一升瓶が手元に届く!
詳しくはこちら

メッセージ

問合せ・メッセージ・出演依頼などはこちら ⇒soranari2016@gmail.com

calendar

S M T W T F S
        
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

YAESE結フェスタ二日目も無事終了!

0

    こんばんは。凌大です。

    昨日(もう一昨日ですね)、YAESE結フェスタの二日目の出演も無事に終わりました!

     

    2日目は見事に晴れ。

    リハーサルからとても気持ちよく打たせていただきました。

    今回はそらなり-SORANARI-から凌大のみが出演し、日出克さんと八重瀬歌舞団の皆さん、そしてエイサー演舞の皆さんとの共演。
    3曲ほど一緒に演奏させていただきました。

    楽しかったぁ^^
    気持ちよかったぁ^^

     

    もちろんエイサーの曲として超有名な「ミルクムナリ」も。
    自分はエイサーの太鼓はやったことが無いのですが、和太鼓を打っていてもあの曲はとてつもない気持ちよさがあります。

    たくさんのエイサーチームが「ミルクムナリ」で演舞する気持ちがとことんわかりました(笑)
    カタルシス満載です。

     

    共演させていただいた皆さん、観てくださった皆さん、ありがとうございました!
    演奏後、日出克さんと。

     

    二日間、お祭りもたっぷりと堪能しました。
    お客さまもものすごいたくさん。
    さすが4年に1度のお祭りです。

    沖縄の花火はすごい近場で上がるので、臨場感と迫力がすごい。
    2日間ともたっぷりと花火を体全体で浴びることができました。

     

    とてもお世話になっている大嶺正廣さんと富田めぐみさんの素晴らしい司会も聞くことができて、
    これまた幸せな2日間でした。

     

    次のお祭りは4年後、自分達は一体どうなってるかなぁ、、、
    なんて考えを巡らしてみるも、4年前から今を全く想像できてないんだから、今考えてもわからないか!
    という結論に達した、お祭りの夜でした(笑)

     


    YAESE結フェスタ初日終了!

    0
      こんばんは。凌大です。
      そらなり-SORANARI-出演、無事に終了しました!

      よさこい、フラダンス、空手、地域芸能、日本舞踊、新舞踊、歌、そして私たち和太鼓と篠笛など、、本当にたくさんの芸能溢れるお祭でした。

      八重瀬町は芸能がとても盛んな町。
      そんな町の4年に1度のお祭りに出演させていただけて光栄でした(^^)

      観てくださった皆さま、ありがとうございました!
      そして共演させていただいた、一条流、西川流の踊りの皆さま、ありがとうございました。


      午前中は小雨がぱらつきましたが、夜は綺麗に月が出ていました。
      レーザーショーに花火も最高!




      沖縄のお祭りってやっぱりすごいなぁ。

      明日はわたくし、凌大が日出克さんとご一緒させていただきます。
      こちらもとても楽しみ(^^)

      明日もがんばります!

      10月17日沖縄タイムス掲載されました!

      0


        少し時間が経ってしまいましたが、
        10月17日の沖縄タイムスに、今帰仁での奉納演奏の記事が掲載されました!

        記事を見ると今でもあの時の感覚を思い出します(^^)

        ありがとうございました!

        徳島への旅 そのに

        0

          凌大です。

          徳島への旅、つづきます。

           

          2日目は伊勢神宮の内宮へ。
          この日は朝からかなりの雨。

          娘を抱っこしながら傘をさしての参拝となりました。

          遷宮してからは初めての参拝。
          相変わらず、鳥居をくぐると空気が変わります。

          雨がまた幻想的にしてくれて、非日常の空間を味わうことができました。

          内宮内にかかる橋から五十鈴川上流を眺めていたら、時が止まったかのような、吸い込まれるような、そんな感覚になりました。
          雨の音、川の音、風の音、たくさんの音は聞こえているのに、とても静かな空間にいるようでした。


          ありがとうございました。


          参拝を終え、一路奈良の大神神社へ。
          ちょっと迂回して高速を使うルートもあったのですが、一般道の山道を西へ向かうことに。
          こういうルートにするほうが色々楽しいのです。

          山間の道をのんびり進み、途中には峠道もあり、美しい滝にも出会いました。

           

           


          日差しも少しだけ差してきて、気持ちの良いドライブとなりました。

          このルートを選んだもう一つの理由は、大神神社へ向かう途中にあるこの場所へ行くことでした。


          「欽明天皇磯城嶋金刺宮址」

           

          欣明天皇が営んだお宮の跡地ですが、自分の苗字である金刺とあります。

          佛教発祥の地とも書かれています。

          金刺という苗字は長野県の諏訪大社下社の大祝(おおほうり)の名前であったことは知っていたのですが、
          奈良でもその名前が出てきたのはびっくりでした・・・。

          調べると色々出てきますが、とにかくご縁のある地にこうして来ることができて嬉しかったです^^

           

          金刺宮址を離れ、大神神社へ。

          大神神社は山をご神体とする古い神社。

           

          山に向かって建つ三ツ鳥居という不思議な鳥居も見せていただけました。

          貴重な経験です。

           

          ご神体の三輪山は入山することができるそうなのですが、時間がないので、今回は断念。
          山の中は撮影禁止とあるほど、神聖な場所。
          いつか登拝してみたいものです。


          大神神社への参拝を終え、この日は奈良駅の近くで宿泊。
          評判のお店でご飯をいただきました。
          とてもおいしかった。
          奈良の春鹿の日本酒もいただきました。


          体調を崩してからこうして家族とともに外でお酒を飲む機会はほとんどありませんでした。
          久しぶりの時間にとても幸せを感じました^^


          旅は続きます。。。


          徳島への旅 そのいち

          0
            凌大です。

            10月17日の夜から徳島へ向けて家族でゆっくりと旅に出ていました(^^)

            時間に追われない、気ままな旅です。

            夜に東京を出発し、まずは伊勢を目指したんですが、御殿場あたりでトラック横転による大渋滞というお知らせ。

            なので、海老名サービスエリアで1泊。 娘が生まれてからすっかりご無沙汰な車中泊、ミニミニキャンプみたいで楽しかったです(笑)

            車中泊でも結構ぐっすり。
            朝早くから伊勢に向けて出発です。

            足柄サービスエリアでは霧が深かったのですが、少し時間が経つと霧が晴れ、見事な富士山が見えました(^^)

            ここのところでは珍しい晴れ間だったそうです。

            ブーンと走って、伊勢に到着。
            外宮近くのお店で伊勢うどんと手こね寿司、プラスでちりめんごはんでした。




            伊勢うどん、見た目は濃そうでしたが、意外とあっさり!
            とってもおいしくいただきました。

            この日は外宮を参拝させていただきました。
            外宮は緑溢れる場所。







            前もそうだったんですが、ここにくると目の焦点が合いづらい感じになるという不思議。
            なんだかフワフワするんですよね。
            でもとても居心地が良いのです。

            文美子さんも娘さんも参拝しながらどんどん元気になりました(笑)

            ありがとうございました。

            夜は松阪といえば牛!ではなく、鳥!という話を聞いていたので、錦爽どりという鳥を中心にいただきました。

            これがとっってもおいしかった(^^)


            そして旅はまだまだ続きます。。。

            | 1/11PAGES | >>